知育菓子について

豊かな創造力を育む知育菓子(R)

「粉と水とで作る楽しいお菓子」は1978年の発売以来、これまでに様々な商品を発売してきました。代表的な商品である「ねるねるねるね」は1986年に誕生しました。
昔と現在を比べると様々な分野が発展をとげ、とても便利な世の中になりました。しかし、昔も今も変わらないものもあると思います。それは、子どもは「ドキドキ」「ワクワク」する心を持っているというところです。

作ったり遊んだりする楽しい体験を通して「創造力など子どもの成長に必要な力を育んでもらいたい」という願いから

〜ずっとドキドキいっぱいワクワク〜豊かな創造力を育む「知育菓子」

と名付けました。

作りながら、遊びながら、楽しみながら自然と成長に必要な力が身についていくお菓子。子どもにとって、知育菓子®はそうした存在でありたいと願っています。

当社の知育菓子(R)は保存料・合成着色料を使用しておりません。

着色料については、赤キャベツなどの野菜やクチナシの色素をはじめ、安全が確認されている着色料を使用しており、合成着色料は使用しておりません。
なぜ色が変わるのかというと、phによって色が変化する「色素の性質」を利用しているからです。この色素は「アントシアニン系色素」と呼ばれ、酸性、アルカリ性のものを混ぜると色が変化するという性質をもち、赤キャベツやブルーベリーなどにも含まれております。

「ねるねるねるね」の使用着色料

「ねるねるねるね」の膨らむ成分は、果物にも含まれる「クエン酸」と、ふくらし粉などに入っている「重曹」。これらが反応してできる炭酸ガスを、「卵白」や「増粘多糖類(ソースなどに含まれるとろみ成分)」で、クリーム状の泡に仕上げています。ほとんど、ご家庭でもおなじみの安全な成分を使用しておりますので安心してお召し上がりください。また、お子様の元気を応援するカルシウムを多くの商品に配合しています。(ねりきゃんランドについては商品特徴から配合していません。)